2020年1月、いよいよ、新美術館開館へ

2018.09.05

公益財団法人石橋財団(理事長 兼 ブリヂストン美術館館長 石橋 寬)は、2015年5月より新美術館建設のため長期休館中のブリヂストン美術館を2020年1月を目処に開館いたします。
新美術館のコンセプトは「創造の体感」。美術品の鑑賞だけではなく、創造を体感し、創造を支える場を提供していきます。
新しい美術館では、今まで65年以上にわたって培ってきた伝統を引き継ぎながら、古美術、日本近代洋画、印象派、20世紀美術、そして現代美術まで視野を広げ、時代を切り拓くような美術館活動を目指します。

■新美術館コンセプト

 

創造の体感
 CollectionからCreationへ美術作品が生まれた時、それは「時代を切り拓くもの」でありました。
ブリヂストン美術館のコレクションを始めとした全ての活動の原点はここにあります。
あなたが美術館で見るもの、感じるもの、知るもの…、それは創造です。

■最新の設備を揃え、新たな分野の展示が可能に。

新美術館は2019年7月に竣工予定の23階建て高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の低層部(1階~6階)となります。展示室は4~6階の3フロアとなり、旧美術館の約2倍の面積に拡張され、最新の照明設備や空調設備、古美術室が設置されます。また、現代美術に対応できるよう天井高は約4.2メートル、ワンフロアの展示面積は約700m²となります。作品の魅力を最大限にひきだし、お客様に快適に楽しんでいただくためできうる限りの試みがなされています。

6階展示室(イメージ)

新設される古美術展示室(イメージ)

美術館外観(イメージ)

「ミュージアムタワー京橋」
2019年7月竣工予定
©NIKKEN

1F: エントランスロビー、ミュージアムカフェ
2F: ミュージアムショップ
3F: メインロビー、レクチャールーム
4~6F: 展示室(全約2,100m²)

延床面積: 約6,716m²
設計・監理: 株式会社 日建設計
美術館内装デザイン: TONERICO: INC.
施工: 戸田建設 株式会社

■開館記念展では、総展示数の1割以上が新収蔵作品に。

当館では、石橋正二郎のコレクションを軸に、古美術から現代美術まで、幅広い作品収集を継続して行っています。開館記念展は、新美術館の展示室3フロアすべてを使用し、2,800点あまりの石橋財団コレクションの中から名品を選りすぐって約200点で構成いたします。新収蔵された作品が総展示数の1割以上を占める予定です。
また、2020年4月からは第58回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展(「Cosmo Eggs: 宇宙の卵」展、キュレーター:服部浩之)の帰国展も予定しています。

(左)メアリー・カサット《日光浴(浴後)》1901年 油彩・カンヴァス 74.0×93.0cm
(中)アルベルト・ジャコメッティ《矢内原》1958年 油彩・カンヴァス 92.0×73.0cm
(右)ジーノ・セヴェリーニ《トロンボーン奏者(路上演奏者)》1916年頃 油彩・カンヴァス 71.4×38.1cm

■ お問い合わせ
ブリヂストン美術館  コミュニケーション部
〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-7
銀座一丁目イーストビル 7階
Tel. 03-3563-0241 Fax 03-3561-2130
E-mail publicity@bridgestone-museum.gr.jp

プレス用画像ダウンロードはこちら

このページをシェア

artizon artizon artizon artizon