ふたつの旅

関連プログラム

土曜講座

森村泰昌氏
ふたりの「繁」が作り出した美術の世界
第1回 9/10(土)
*定員に達し、申込受付終了
2021年の「ジャム・セッション M式「海の幸」— 森村泰昌 ワタシガタリの神話」展で、青木繁《海の幸》にインスパイアされた美術家の森村泰昌氏は、青木に扮したセルフポートレイト写真や連作《M式「海の幸」》を制作しました。このたび、坂本繁二郎についての探究も深め、青木と坂本についてのモリムラガタリを披露して頂きます。

講師森村泰昌氏(美術家)

講座の様子

この講座の続きは11月26日(土)に久留米市美術館で行われる、講座1「ふたりの「繁」が作り出した美術の世界」(要申込)にてお聞きいただけます。

講座の詳細はこちら(久留米市美術館のサイトへリンクします)

講座の動画はこちら(久留米市美術館のサイトへリンクします)

森山秀子氏
これまでの一人展と今回の「二人展」
第2回 9/17(土)
*定員に達し、申込受付終了
青木と坂本、二人の主要な回顧展を通して作品を身近に見てきた森山秀子氏を迎え、本展のみどころと結びつけながら、これまでの展覧会を通して伝わる作品のエピソードや伝承事項を語って頂きます。図録には載っていない、しかし、知ると作品理解の深まるような話を引き出せたらと思います。

講師森山秀子氏(久留米市美術館 副館長兼学芸課長)
聞き手伊藤絵里子(アーティゾン美術館 学芸員)

  • 時間14:00 ー 15:30(13:30開場)
  • 会場アーティゾン美術館 3階 レクチャールーム
  • 定員50人(事前申込制)
    *定員に達し次第、受付終了
  • 参加費無料

ARCレクチャー

伊藤絵里子
66年ぶりの「二人展」にみる青木繁と坂本繁二郎
9/3(土)
*定員に達し、申込受付終了
青木繁と坂本繁二郎の足跡をあわせて紹介するいわゆる「二人展」としては66年ぶりの機会となる本展。二人の接点に焦点をあてることで、見えてくるそれぞれの特徴や、互いの存在と影響、さらには周囲の友人との間柄とそのネットワークというものをより浮き彫りにするのがこの展覧会のねらいです。修業時代から最晩年の絶筆作品まで、生涯と画業を俯諏しつつ、ニ人の関係について展覧会の見どころを押さえながらご紹介します。

講師伊藤絵里子(アーティゾン美術館 学芸員)

  • 時間14:00 ー 15:30(13:30開場)
  • 会場石橋財団アートリサーチセンター
    *受付後、地図をメールにてお送りします。
  • 対象高校生以上
  • 定員30人(先着順)
    *定員に達し次第、受付終了
  • 参加費無料
チケット購入 Purchase Tickets
  • twitter
  • Facebook
  • Instagram

^

チケット購入 Purchase Tickets