チケット購入

1映画のなかの芸術家たち─美術映画シリーズ

梅原龍三郎、川合玉堂、高村光太郎、前田青邨など美術界の巨匠たちを取材し、
アトリエでの制作風景や日常の様子を記録した、ブリヂストン美術館「美術映画シリーズ」。
本章では、これらに登場する作家たちの映像とともに彼らの作品をご紹介します。

梅原龍三郎

1888-1986

1888年、京都で悉皆(しっかい)屋を営む裕福な家庭で生まれ育った。聖護院洋画研究所、のちに関西美術院で浅井忠らの指導を受け洋画を学ぶ。1908年、フランスに渡り直接ルノワールに指導を受けた。1913年に帰国後、二科会、春陽会、国画創作協会(のちに国画会)の創立に参加。琳派や南画に学び、岩絵具などの日本画の画材を使った装飾性豊かな独自の様式を作り上げた。1952年、文化勲章受章。映画『梅原龍三郎』(1953年)では、牛込加賀町のアトリエで煙草をくわえながら絵筆を進める様子が捉えられ、その映像からは梅原が左利きであったことも分かる。

撮影の様子(左下が梅原龍三郎、右から二番目が高場隆史)
撮影の様子(左下が梅原龍三郎、右から二番目が高場隆史)
梅原龍三郎《脱衣婦》1912年、石橋財団アーティゾン美術館
梅原龍三郎《脱衣婦》1912年、石橋財団アーティゾン美術館

川合玉堂

1878-1957

1873年、愛知に生まれ岐阜で育った。四条派と狩野派の伝統に、近代的な写生感覚を融合させた玉堂は詩情豊かな風景画で名を高め、1907年に創設されたばかりの文展で審査員となった。晩年は奥多摩にとどまり自然とともにある人々の暮らしを描き続けた。映画『川合玉堂』(1953年)では、素早い筆致で描く玉堂の制作姿が映し出されるとともに、「旅人の目をもって自然をみる」と語る玉堂の肉声をも聴くことができる。この映画は短篇として最初の文部省特選映画に選定され、1964年には英語版が国際テレビフィルムを通じてアメリカ教育テレビ11局に配給された。

川合玉堂(美術映画シリーズ『川合玉堂』1953年より)
川合玉堂(美術映画シリーズ『川合玉堂』1953年より)
川合玉堂《彩雨》1940年、東京国立近代美術館
川合玉堂《彩雨》1940年、東京国立近代美術館

高村光太郎

1883-1956

1883年、東京に生まれる。父は木彫家高村光雲で、弟は鋳金家で重要無形文化財保持者(人間国宝)の高村豊周。1906年に渡米。イギリス、フランスを経て1909年帰国。文学へも関心を示し「パンの会」や『白樺』の同人たちとも交流を深めた。1914年に最初の詩集『道程』を自費出版する。終戦後、岩手県稗貫郡の山小屋に移り自炊生活を送る。映画『高村光太郎』(1954年)では、亡妻智恵子がモデルとされる大作「乙女の像」に挑む姿が記録されている。完成した映画は、病床についていた光太郎のためにアトリエの天井に映して上映会が行われた。

高村光太郎(美術映画シリーズ『高村光太郎』1954年より)
高村光太郎(美術映画シリーズ『高村光太郎』1954年より)
高村光太郎《手》1918年頃、東京国立近代美術館、撮影:大谷一郎 *展示期間:2023年9月12日[火]ー11月19日[日]
高村光太郎《手》1918年頃、東京国立近代美術館、撮影:大谷一郎
*展示期間:2023年9月12日[火]ー11月19日[日]

鏑木清方

1878-1972

1878年、東京神田に生まれる。13歳で画家水野年方に入門。挿絵画家として身を立てたのち、本格的に日本画に取り組み美人画で名を馳せた。1919年、第1回帝展の審査員に任命され名実ともに日本画を代表する画家となった。関東大震災で下町の様相が一変したことを機に、変わりゆく東京の情景や風俗を主題とする名品を数多く描き、独自の画境に至った。映画『鏑木清方』(1954年)では、洋画家で清方を敬慕する木村荘八が考証を担当した。日本の風俗画の歴史を展観しながら、その伝統の継承者として清方の画業が語られ、上映時間はシリーズ最長となっている。

鏑木清方(美術映画シリーズ『鏑木清方』1954年より)
鏑木清方(美術映画シリーズ『鏑木清方』1954年より)
鏑木清方《一葉》1940年、東京藝術大学 ⒸKiyoo Nemoto 2023/JAA2300087
鏑木清方《一葉》1940年、東京藝術大学
ⒸKiyoo Nemoto 2023/JAA2300087

坂本繁二郎

1882-1969

1882年、福岡の久留米に生まれる。同郷の青木繁に誘われ、1920年に上京。不同舎と太平洋画会研究所で学んだ。1912年に文展に出品した《うすれ日》(1912年)が夏目漱石に評価される。1914年、二科会結成に参加。1921年よりフランスへ留学し、単純化された構図にパステル調の色面で構成する画風を生み出した。1924年に帰国後、郷里へ戻り、八女にアトリエを構え生涯制作を続けた。映画『坂本繁二郎』(1955年)では、出身地久留米の農村風景が映し出され、身近な自然や静物に向き合う坂本の芸術が生まれた背景について語られている。

坂本繁二郎(美術映画シリーズ『坂本繁二郎』1957年より)
坂本繁二郎(美術映画シリーズ『坂本繁二郎』1957年より)
坂本繁二郎《放牧三馬》1932年、石橋財団アーティゾン美術館
坂本繁二郎《放牧三馬》1932年、石橋財団アーティゾン美術館

前田青邨

1885-1977

1885年、岐阜に生まれる。1901年、上京して尾崎紅葉の知遇を得、その伝手で梶田半古に入門。同門で塾頭の小林古径にも指導を受けた。歴史的、古典的主題を取り上げ、近代的な解釈を盛り込んだ歴史画が高く評価された。映画『前田青邨』(1957年)は、能の「石橋」(しゃっきょう)を主題とする皇居壁画の制作の様子を4カ月にわたり取材し、カラーフィルムで撮影されたもの。モデルの喜多六平太が舞う姿や能面のスケッチなど無数の資料から構想を練る様子が映し出される。この映画はイタリア・ラパッロ市国際映画祭に出品され、美術映画部門で金賞、記録映画部門で銀賞を受賞した。

前田青邨(美術映画シリーズ『前田青邨』1957年より)
前田青邨(美術映画シリーズ『前田青邨』1957年より)
前田青邨《紅白梅》1970 年頃、石橋財団アーティゾン美術館 Ⓒ Y. MAEDA & JASPAR, Tokyo, 2023 C4260
前田青邨《紅白梅》1970 年頃、石橋財団アーティゾン美術館
Ⓒ Y. MAEDA & JASPAR, Tokyo, 2023 C4260

美術映画シリーズ
出演作家一覧

ムービー

2写真のなかの芸術家たち─安齊重男

安齊重男(1939-2020)は、自らを現代美術の伴走者と称し1970年代からアーティストのポートレイトや、
一過性のインスタレーション、パフォーマンスなどの撮影を手がけてきました。
本章では、現在200点以上所蔵する当館の安齊作品のなかから約30点ご紹介します。

安齊重男《堂本尚郎、作家スタジオ、東京、1980年6月》1980/2017年、石橋財団アーティゾン美術館 ©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《堂本尚郎、作家スタジオ、東京、1980年6月》1980/2017年、石橋財団アーティゾン美術館
©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《嶋田しづ、作家スタジオ、逗子、1984年1月》1984年/2017年、石橋財団アーティゾン美術館 ©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《嶋田しづ、作家スタジオ、逗子、1984年1月》1984年/2017年、石橋財団アーティゾン美術館
©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《山口勝弘、リベール・リベール、銀座、東京、1975年2月10日》(4点のうち1点)1975年/2018年、石橋財団アーティゾン美術館 ©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《山口勝弘、リベール・リベール、銀座、東京、1975年2月10日》(4点のうち1点)1975年/2018年、石橋財団アーティゾン美術館
©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《斎藤義重、作家スタジオ、横浜、1973年4月》1973年/2017年、石橋財団アーティゾン美術館 ©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《斎藤義重、作家スタジオ、横浜、1973年4月》1973年/2017年、石橋財団アーティゾン美術館
©Estate of Shigeo Anzaï