チケット購入

*本展は閉幕いたしました。本サイトは2024年2月20日に非公開となります。

撮影の様子(左下が梅原龍三郎、右から二番目が高場隆史)
撮影の様子
(左下が梅原龍三郎、右から二番目が高場隆史)
From the Scene of Creation: Artists’ Archives in Films and Photographs
富本憲吉(美術映画シリーズ「美術家訪問 第7集」1958年より)
富本憲吉(美術映画シリーズ「美術家訪問 第7集」1958年より)
木村荘八(美術映画シリーズ「美術家訪問 第2集」1954年より)
木村荘八(美術映画シリーズ「美術家訪問 第2集」1954年より)

創造の現場 映画と写真による芸術家の記録

1953 年、アーティゾン美術館の前身となるブリヂストン美術館は映画委員会を発足しました。「美術映画シリーズ」と冠し、1964年までに61人の芸術家を取材して17本の記録映画を製作しました。これらは梅原龍三郎(1888-1986)や高村光太郎(1883-1956)、前田青邨(1885-1977)と いった日本の芸術家たちの制作風景や日常の様子を記録した、大変貴重な映像資料です。プロジェクトの発案者は当館創設者石橋正二郎の長男、石橋幹一郎でした。映画委員会の委員長に就任した幹一郎は「本当に美術を愛し、理解に努力している人びとの助けとなり、また芸術の先達たちの動く肖像画を伝える」ことを念願し、事業を主導しました。その結果、1950年代に盛んになる美術映画において特に近代美術の分野で先駆的な役割を果たし、イタリアの国際映画祭で受賞するなど国内外で評価を得ました。

前田青邨(美術映画シリーズ「前田青邨」1957年より)
前田青邨(美術映画シリーズ「前田青邨」1957年より)

また、近年当館は現代美術の現場を記録し続けた写真家、安齊重男(1939-2020)の作品を収集しています。安齊は自らを現代美術の伴走者と称し、1970年代からアーティストのポートレイトや、一過性のインスタレーション、パフォーマンスなどの撮影を手がけてきました。本展では「美術映画シリーズ」の全貌をご紹介するとともに、その取材対象となった芸術家たちによる作品、そして安齊による写真作品を展観します。当館のコレクションに国内の美術館からの借用作品を加えた約80点で構成します。「美術映画シリーズ」と安齊作品とを並列することで、日本の近現代美術の制作現場を概観することにもなるでしょう。「創造の現場」を捉えた映画と作品の魅力をお楽しみください。

安齊重男《堂本尚郎、作家スタジオ、東京、1980年6月》1980/2017年、石橋財団アーティゾン美術館 ©Estate of Shigeo Anzaï
安齊重男《堂本尚郎、作家スタジオ、東京、1980年6月》1980/2017年、石橋財団アーティゾン美術館 ©Estate of Shigeo Anzaï

News

Media