開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」

2020年1月18日[土]〜3月31日[火]

thumbnail
  • 概要
  • チケット情報

美術館とは、「人間とはなにか」を、造形をとおして分かりやすく伝える装置です。人間は過去、数万年にわたって形をつくってきました。その途切れることのない連鎖が、現在や未来の私たちを生かしています。人は文学や音楽、演劇などでもすぐれた成果を残してきましたが、美術ほど、私たちがもつ能力と可能性を一望の下に直ちに感じることができる分野はないでしょう。創造という人間がもつ輝かしい力を、美術は私たちに教えてくれます。

休館中も収集活動を続けてきた石橋財団コレクションは、65年以上で約2,800点となりました。古代から21世紀までにわたる創造の軌跡は、みなさまに、美術家たちが造形を生み出す瞬間と立ち会う場をご提供できるものです。このたびの選りすぐりの約200点によって、今という時間が過去と未来をつなげ、人間の歴史を編んでいく営みにみなさまをお誘いします。

見どころ

  • (1)新しいアートの空間

    現在考えられる最新スペックの機能を備えます。「アーティゾン美術館」に館名を変更したのは、新しい鑑賞空間にふさわしい名前にしたかったからでした。

  • (2)初公開作品約30点

    モリゾ、カサット、ボッチョーニ、カンディンスキー、ジャコメッティ、松本竣介らの優品が休館中に新たに加わりました。モネ、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソとの協奏、共演をお楽しみください。

  • (3)創造の体感

    新たな美術館コンセプトをもとに、人間の創造の軌跡をたどります。

関連イベント

  • 土曜講座「アートの現場」


    2020年1月18日 「ブリヂストン美術館から、アーティゾン美術館へ」
    石橋寬(アーティゾン美術館館長)、田畑多嘉司(同館クリエイティブディレクター)

    1月25日 「アートと人のための空間」
    米谷ひろし(デザイナー、有限会社トネリコ代表、多摩美術大学教授)

    2月1日 「意識の発火 デザインからデザインまで」
    廣村正彰(グラフィックデザイナー、廣村デザイン事務所代表)

    2月8日 「ホモ・ピクトル・ムジカーリス─絵を描くヒト」
    岩田誠(メディカルクリニック柿の木坂院長、東京女子医科大学名誉教授)

    14:00-15:30
    場所 3階レクチャールーム 聴講無料
    当日は12:00からレクチャールーム前で整理券を配布します。定員になり次第、受付終了。

  • 学芸員によるギャラリートーク


    毎月第1金曜日 18:30 - 19:30
      第3金曜日 15:30 - 16:30
    集合場所 6階展示室入口
    参加費・申込み不要 *入場券が必要です。
    *混雑状況により、3階レクチャールームでの講座に変更になる場合、または中止する場合があります。

作品

painting
青木繁《海の幸》油彩・カンヴァス1904年
painting
メアリー・カサット《日光浴(浴後)》油彩・カンヴァス1901年
painting
ピエール=オーギュスト・ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》油彩・カンヴァス1876年
painting
ウンベルト・ボッチョーニ《空間における連続性の唯一の形態》ブロンズ1913年(1972年鋳造)
painting
エドゥアール・マネ《自画像》油彩・カンヴァス1878-79年
painting
《洛中洛外図屏風》紙本金地著色 江戸時代
painting
ヴァシリー・カンディンスキー 《自らが輝く》 油彩・カンヴァス1924年

チケットの情報・金額等の記載をします。チケットの情報・金額等の記載をします。チケットの情報・金額等の記載をします。チケットの情報・金額等の記載をします。チケットの情報・金額等の記載をします。チケットの情報・金額等の記載をします。チケットの情報・金額等の記載をします。

  • アクセス

    ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミ

  • 音声ガイド

    ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミー

  • 見出し

    ダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミーダミ