MainImage MainImage

LearningProgram
教育普及活動

アートリサーチセンターの活動の大きな柱のひとつは、ラーニングプログラムです。周辺の教育機関(小学校・中学校・高校・大学・社会教育施設など)と連携し、地域の方々にさまざまなプログラムを提供します。そのひとつ、学校団体を対象としたスクールプログラム、事前予約制により当施設を公開し、この施設の機能と美術館活動を裏側で支えているものをご紹介します。また、ホールや前庭を用いて、作品制作などをでは行うワークショップや、学芸員などによるレクチャー(美術講座)を定期的に開催しています。ラーニングプログラムの詳細、参加申込みについては以下よりご確認ください。

【新型コロナウィルス感染症拡大防止のための取組みとお願い】
新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、プログラムにご参加の皆さまに以下にご協力をお願いいたします。
  • 発熱や風邪の症状等、体調のすぐれないお客様はご来場をお控えください。
  • マスクを着用してご来場ください。
  • 入館時の体温測定にご協力ください。発熱や風邪の症状のあるお客様は入場をご遠慮いただきます。
  • こまめな手洗いや手指の消毒にご協力ください。
  • 咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ等で口をしっかり覆う「咳エチケット」にご協力ください。
  • 館内で体調が悪化された場合は、近くのスタッフまでお申し出ください。
  • 職員および当館スタッフもマスク等を着用して対応いたします。
ワークショップ:「色がおどる・にじむ・ひろがる −マイバッグをつくろう−」【申込受付終了】
レクチャー:「印象派の女性画家たち – モリゾ、カサット、ゴンザレス、ブラックモン」【参加者募集中】
スクールプログラム:(随時募集中)
ライブラリーセミナー:現在募集中のプログラムはありません。

ワークショップ

毎回、芸術家、エデュケーターなどさまざまな分野で活躍される専門家を講師にお招きして開催するプログラムです。実際にものを作ったり、身体を動かしたり、対話をしたり…。制作や表現する活動を通して美術に親しんでみませんか。
2020年度スケジュール: 4月 (中止)、 6月 (中止)、8月、10月実施予定

申込受付終了
「色がおどる・にじむ・ひろがる −マイバッグをつくろう−」
水で湿らせた画用紙の上から絵具をたらすと、色がおどっているかのように、はねたり、にじんだり、ひろがったりします。偶然できた色や形から、何かが見えてきたり、何かが感じられたり…不思議な絵が生まれます。この技法を使って色と遊びながら、世界にひとつのマイバッグをつくってみませんか?

  • *ご来館の際は、マスクの着用、手指の消毒、咳エチケットへのご協力をお願いします。
  • *当日、体調の悪い方、発熱や咳き込み等の症状のある方はご参加いただけません。
  • *諸般の事情により、プログラム内容を変更する場合があります。

  • 日時
    :2020年8月22日(土)13:30 − 16:00
  • 会場
    :石橋財団アートリサーチセンター(町田市:参加受付後、地図をお送りいたします)
  • 講師
    :関 恵子 氏(エデュケーター、元小学校図工科教諭)
  • 対象
    :小学生を含む家族
    ※小学生だけでの参加はできません。保護者の方と2名以上でお申し込みください。
  • 定員
    :8組程度20人以内(予約制)
  • 参加費
    :無料
  • お申込み方法
    :アーティゾン美術館ホームページ「ARCワークショップ」申込みフォームまたはハガキにてお申込みください。
ハガキでのお申込み
[(参加者全員の)1.お名前 2.フリガナ 3.性別] 4.小学生の年齢 5.郵便番号 6.住所 7.電話番号 8.連絡事項(必要があれば)
以上をご記入のうえ、下記までお送りください。
〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
アーティゾン美術館 ARCワークショップ受付 宛
  • お申込み締切
    :2020年7月27日(月)
    ※申込み多数の場合は抽選となります。抽選結果は8月1日(土)までに郵送にてお知らせいたします

レクチャー

当館学芸員が、石橋財団のコレクションを中心にさまざまな角度から美術作品をご紹介する美術講座です。年3回程度の開催を予定しています。
2020年度スケジュール:2月、 5月 (中止)、9月、11月実施予定

参加者募集中
「印象派の女性画家たち − モリゾ、カサット、ゴンザレス、ブラックモン」
印象派の画家たちは、絵画技法、描かれる主題、展覧会における作品の発表の仕方など、あらゆる点でフランスの伝統的な美術の慣習に反旗を翻し、新しい美術を産み出そうという機運に充ち満ちていました。このグループはまた、いまだ美術界において女性の立場が十分に尊重されていなかった時代に才気溢れる女性画家たちを仲間に迎え、平等な立場で制作し、活動を行ったこともその大きな特徴と言えましょう。モリゾ、カサット、ゴンザレス、ブラックモンたちはそれぞれの個性をいかんなく発揮し、実績を残したのです。アーティゾン美術館は、その前身であるブリヂストン美術館の時代より、印象派の絵画をコレクションの中心のひとつに据えてまいりましたが、近年、印象派を代表するこれら4人の女性画家たちの5点の作品をコレクションに迎えることが出来ました。このたびのコレクション展のコーナー展示にあわせて、これら画家たちの画業をご紹介いたします。

  • *ご来館の際は、マスクの着用、手指の消毒、咳エチケットへのご協力をお願いします。
  • *当日、体調の悪い方、発熱や咳き込み等の症状のある方はご参加いただけません。
  • *諸般の事情により、プログラム内容を変更する場合があります。

  • 日時
    :2020年9月12日(土)14:00 − 15:30
  • 会場
    :石橋財団アートリサーチセンター(町田市:参加受付後、地図をお送りいたします)
  • 講師
    :新畑 泰秀(アーティゾン美術館 学芸課長)
  • 対象
    :高校生以上
  • 定員
    :30人(先着順)
  • 参加費
    :無料
  • お申込み方法
    :下記「参加お申込み」よりフォームに入力いただくか、またはハガキにてお申込みください。
ハガキでのお申込み
①お名前 ②フリガナ ③性別 ④小学生の年齢 ⑤郵便番号 ⑥住所 ⑦電話番号 ⑧連絡事項(必要があれば)
以上をご記入のうえ、下記までお送りください。
〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
アーティゾン美術館 ARCレクチャー受付 宛
  • お申込み締切
    :2020年8月25日(火)
    ※但し定員になり次第、受付終了。参加証などを開催日の2週間前までに郵送いたします。

参加お申込み

スクールプログラム

ARCの見学を希望する小・中・高・大学生を対象に美術館の裏舞台ともいえる当施設をご案内します。
定員:40人
※事前にお申込み・ご相談ください。

お問い合わせ
E-mail:

ライブラリーセミナー

不定期で美術分野の文献案内講座などを開催しています。大学の授業やゼミなどのグループで個別に講座受講をご希望の方は、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ
E-mail:

現在募集中のプログラムはありません。

以下のプログラムは終了しました。

終了
ARCレクチャー
「アーティゾン美術館、ひらきます」
2015年5月から休館していたブリヂストン美術館が、アーティゾン美術館と名前を変えて、1月18日に開館します。ブリヂストンビルの跡地に立った高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の低層階に入ったアーティゾン美術館の展示室は3フロア。面積は約2倍、天井高は1.7倍になり、大型作品の展示も可能になりました。照明、空調機器も最新のものとなり、無料アプリをダウンロードして楽しんでいただく音声ガイドなど、様々な工夫をこらしています。開館記念展は、「見えてくる光景 コレクションの現在地」という所蔵作品によるもの。ブリヂストン美術館時代からお馴染みのマネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソなどのフランス近代美術に、旧石橋美術館(福岡県久留米市)で親しまれた青木繁、坂本繁二郎なども顔をそろえ、モリゾ、カンディンスキー、ジャコメッティ、松本竣介など休館中に収集された新収蔵作品31点を含む、全206点という内容です。

  • 日時
    :2020年2月15日(土)14:00 − 15:30
  • 会場
    :石橋財団アートリサーチセンター(町田市:参加受付後、地図をお送りいたします)
  • 講師
    :貝塚健(アーティゾン美術館 教育普及部長)
  • 対象
    :高校生以上
  • 定員
    :40人(先着順)
  • 参加費
    :無料