沿革

1月8日、ブリヂストン美術館開館。株式会社ブリヂストンの創業者・石橋正二郎(1889-1976)が、新築のブリヂストンビル2階に美術館を開設し、自身のコレクションを公開。2月から土曜講座が始まる。

ブリヂストン美術館の竣工式。前列中央が万歳をする石橋正二郎

ブリヂストン美術館開館の日(1952年1月8日)

土曜講座で講演する武者小路実篤(1952年9月)

財団法人石橋財団が設立され、ブリヂストン美術館はその運営下に入る。
福岡県久留米市に石橋美術館が開館。

「世界現代芸術展」を開催。「熱い抽象」と呼ばれるアンフォルメル運動を紹介。

全面改修により、延べ床面積が8割増加し2,413平方メートルになる。

石橋正二郎より石橋コレクションの大半を受贈。

パリ国立近代美術館にて「石橋コレクション展」が開催される。

パリ国立近代美術館で開かれた開会式。(1962年5月)右から2人目が同館副館長ベルナール・ドリヴァル、4人が石橋正二郎

ブリヂストン美術館開館20周年記念「青木繁」展を開催。

ブリヂストン美術館の創設者、石橋正二郎が死去。

ピカソ《腕を組んですわるサルタンバンク》を購入。

ルノワール《すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢》を購入。

「ギュスターヴ・クールベ展」を開催。画家の全貌を初めて日本で紹介した。

「モネ展」を開催。《睡蓮》などの連作を展示。

入館者数500万人突破。

大規模な内装リニューアルを実施、延べ床面積は2,924平方メートルになる。

「ルノワール展」を開催。過去最高の33万人余の入場者を集めた。

ブリヂストン美術館開館50周年記念「コレクター石橋正二郎」展、「藤島武二」展を開催。

土曜講座2000回を突破。

石橋財団創設50周年を記念し、ポロック《Number 2, 1951》を購入。

石橋財団創設50周年記念「雪舟からポロックまで」展、「坂本繁二郎」展を開催。

カイユボット《ピアノを弾く若い男》を購入。
「アンフォルメルとは何か?」展、「没後100年 青木繁展」を開催。

石橋財団、公益財団法人に移行。
ブリヂストン美術館開館60周年記念「パリへ渡った『石橋コレクション』1962年、春」展、「ドビュッシー−音楽と美術」展、「あなたに見せたい絵があります。」展を開催。

「カイユボット展」を開催。知られざる印象派画家の初期から晩年を日本で初めて紹介

「ベスト・オブ・ザ・ベスト」展を開催。
ビルの建て替えに伴う新築工事のため、2015年5月18日より長期休館。
新美術館建設へ。

新築工事のためブリヂストン美術館長期休館

石橋美術館の運営を久留米市に返還し、久留米市美術館に改名

オランジュリー美術館、パリにて「ブリヂストン美術館の名品-石橋財団コレクション」展開催 入場者 約42万人

2019年7月のブリヂストン美術館館名変更 (アーティゾン美術館へ)と、2020年1月の 新美術館開館について発表

7月1日、ミュージアムタワー京橋竣工